選べる派遣
00071
2015年3月17日

家の事情で時間が不規則。タクシー運転手の派遣登録の条件が知りたい

タクシー運転手の派遣登録をしたいというような人もいるのではないでしょうか?タクシー運転手の派遣登録をする場合には、どのような条件があるのでしょうか?
編集部

タクシー運転手の派遣登録をしたい

タクシー運転手の派遣登録をしたいというような人もいるのではないでしょうか?では、タクシー運転手の派遣登録をする場合には、どのような条件があるのでしょうか?

タクシー運転手になるための条件

ここでは、タクシー運転手になるための条件についてご紹介しましょう。

二種免許が必要

二種免許がタクシー運転手になるためには必要です。お客さんを乗せるタクシーなどの車を運転して、お金をもらってサービスする場合は二種免許が必ず必要になってきます。この場合には、車には一般の車とは違った商業ナンバーというナンバープレートを付けます。普通車より大きい車の場合、ナンバープレートは白地に緑字が一般車両、緑地に白字が商業車になります。 二種免許を取るには、3年以上普通自動車免許を取ってから経っていることが必要になります。つまり、18歳から普通自動車免許は取ることができますが、二種免許の場合には3年がさらに必要になるため、タクシー運転手になるためには21歳以上であることが必要になります。 タクシー運転手の仕事をスタートする場合には二種免許を取る必要がありますが、タクシー会社のほとんどのところではこの取るための費用を負担してくれることが多くあります。普通免許証の場合は、AT限定とMTがありますが、多くのタクシー会社がAT限定でも採用してくれます。

地理試験が必要

地理試験がタクシー運転手になるためには必要です。地理試験は、東京の23区と武蔵野市・三鷹市、特別な大阪の地域でタクシー運転手の仕事をするために必要なものです。当該の地域内に関しての主要な道路の名前、施設の名前などが出され、40問のうち8割が正解になると受かります。地理試験の期限は、タクシー運転手を取った地域内で継続する限り有効になっており、更新するために試験を受ける必要はありません。また、タクシー運転手を辞めた場合は、辞めた日から2年間有効になります。

年齢の条件

年齢の条件がタクシー運転手になるためにはあります。法律の規定によって、二種免許を取ることができる年齢が21歳以上になるので、必然的にタクシー運転手になることができる年齢も21歳以上になります。それぞれの会社によって定年は決められています。実質的な定年は60歳前後ですが、70歳以上のタクシー運転手もいます。定年になった後でも、年金をもらいながら定時制として運転している場合も多くあります。

Return Top