選べる派遣
00027

派遣の様々なスタイル

派遣社員として働くとなった場合
編集部
派遣社員として働くとなった場合、派遣の契約にもいろいろなスタイルがあります。 その中からいくつか紹介します。

一般労働者派遣

 最も一般的な派遣の形態です。 派遣社員を希望する人が派遣会社に前もって登録しておき、派遣先企業で就労が決定した時点で登録した派遣会社と雇用契約を結んで派遣先企業で働くので、登録型派遣とも呼ばれています。働くスタッフ側から考えれば、仕事を選べるという派遣ならではのメリットがあります。

紹介予定派遣

契約終了後、双方が合意すれば社員になれて、ゆくゆくは社員として紹介されるという予定のもとに、派遣スタッフとして働く雇用形態があります。それが「紹介予定派遣」です。 派遣期間は、企業と自分の双方にとってのお試し期間みたいなことです。最長6ヵ月の雇用期間終了後の意思確認で企業側が自分の採用を望み、自分自身にも就職の意思があれば、社員としてその会社に雇用されます。 一般派遣と違い、紹介予定派遣では事前に面接を行うことが法律で許されていますし、契約終了前の採用内定も認められています。 感覚的には中途採用に近いのですが、入社後の 「こんなハズでは……」 「思っていたのと全然違う」 というミスマッチが避けられるというのが最大のメリットです。 本当にやりたい仕事かどうかの確認、入社後の人間関係が気になるような人には、自分に合った会社かどうか見極めることができ、うってつけの制度です。 ただし、この場合の社員とは直接雇用を指しており、正社員とは限りません。契約社員や、場合によってはアルバイト・パートということもあるので、事前に調べておきましょう。

新卒・第二新卒派遣

新卒派遣とは、実務経験のない新卒者のために派遣会社がビジネスマナーやPC操作などの研修を用意し、研修終了後に派遣のお仕事を紹介するシステムです。 実務経験の浅い第ニ新卒者についても似たようなシステムが設けられています。 一般派遣と同じく、3ヵ月などの契約期間が終了したら更新を繰り返すほか、新卒紹介予定派遣という契約期間終了後に社員など派遣先企業の直接雇用になる道が開かれている制度もあります。 また、中に、派遣会社が自社の契約社員として雇用した上で派遣先企業に送り出し、お給料も月給制だというケースもあります。 システムや雇用関係は各派遣会社によって違うので、詳細を確認しておきましょう。

Return Top