選べる派遣
00039
2016年11月29日

派遣のバックレは危険!派遣会社の対処法と円満退社のコツとは?

派遣期間中に辞めたくなったらバックレずに派遣会社へ相談しましょう。
編集部

自分の好きな条件・期間で仕事を探し働ける派遣のお仕事ですが、それでも途中でバックレてしまう人も多くいるそうです。 しかし、派遣でのバックレはかなりのトラブルを抱えてしまうことをご存知ですか? 今回はそんな派遣におけるバックレの危険性と契約期間中にできるだけ円満退社するコツをご紹介したいと思います。

派遣スタッフがバックレた際の派遣会社による対処法

派遣契約を結んだにも関わらず、仕事をバックレてしまう派遣スタッフは少なくありません。スタッフのバックレはほとんどの場合、派遣先の会社から「本日、来ておりません」といった連絡で知ります。ここではその後の派遣会社による対処法をご紹介しましょう。 実際に逃げ切ることは難しいと思います。

電話・メール・SNSで徹底的に連絡を取る

バックレた人が電話に出ないことなんて、派遣会社側は当然想定しています。 そのため、派遣会社のスタッフは電話だけでなく、メール、本人のSNSを調べ上げてまで連絡を取ろうとしてきます。

自宅にまでかけつける

それでも連絡がつかない場合、派遣会社のスタッフは登録された個人情報をもとに自宅まで行きます。とにかく、バックレたスタッフの責任を取らなければいけないので、会えるまでひたすら待ち構えているそうです。 とにかく徹底的に連絡が取れるまでコンタクトを取り続けるため、派遣のバックレは本人にも派遣会社にもメリットがないことは分かると思います。避けたほうがいいでしょう。

それでも派遣期間中に辞めたいときは

しかし、どうしても職場が自分に合わなかったり、やる気がでなかったりと派遣期間中に辞めたいこともあるでしょう。結論から言うと、派遣期間中であってもできるだけ円満に退職できる方法はあります。もし、辞めたいと思った人はバックレずに次の方法を実践してみてください。

最低でも1ヶ月は我慢する

派遣は一応即戦力として採用されているため、急に辞められると派遣先へ大きなダメージを与えてしまいます。そのため、後任探しや手続きなども考慮して最低でも退職を申請してから1ヶ月は我慢して働くようにしましょう。

まずは派遣会社へ相談する

いきなり派遣先の職場に相談するのはトラブルの原因となるので避けましょう。辞めたいと思ったら真っ先に派遣先の担当スタッフに相談するのがベターです。その際に辞めたい理由をしっかりと納得させ、派遣会社を味方に付けることができれば、円満退社できるように力を貸してくれるはずです。

引き継ぎや仕事を最後まで全うする

担当している仕事や後任への引き継ぎを最後の日までやり遂げ、派遣先で借りているカギや制服などの返還をしてからキレイさっぱり辞めることが社会人としてのマナーです。 また、我慢して最後まで仕事を全うしたほうが今後絶対にメリットがあります。信じて仕事を全うすることをおすすめします。

バックレは自分の首を絞めるだけ

いかがでしたか?バックレしたとしても、面倒なことになるだけです。もし、派遣期間中に辞めたくなった場合は素直に謝罪し、派遣会社を納得させることが最善の方法だと思います。

Return Top