選べる派遣
8d377a932a7e36270bbf36b4f3ad44df_s
2014年12月18日

派遣社員に聞いてみた派遣で働くメリット

派遣社員のメリットは、主に自由に働けることとしっかりと給与を貰えること、残業が少ないことなどがあります。責任を負わされるということも少ないです。
編集部

派遣社員のメリット

派遣社員が好きで働いている方も近年多くなっています。実際に、自分の好きなように働くことができる派遣社員は、正社員ではなくとも十分な給与がもらえますし、働いていて新しい仕事を覚えることも可能なので、近年は派遣で働く人も増えているのです。実際にメリットも多いので、デメリットと合わせて見てみましょう。

時間的な自由がある

現代の日本は不況ということを良いことに、サービス残業をしている企業が多くなっています。正社員であるがゆえに、無理に残業を断ることもできずに夜遅くまで働いているという方も少なくありません。しかし、派遣の場合は残業はあっても時間給の場合が多く、残業自体があまりないので安定して働けます。自分の時間を確保したい方にお勧めですね。

仕事に対する責任の大きさ

正社員は仕事に対する責任も大きいです。大きなミスをすれば解雇される可能性もあります。もちろん派遣もそうなのですが、基本的に派遣が大きな責任を負って一人で解雇されるということはありません。そもそも重要なプロジェクトの場合は、正社員が判断することが多いので、実際には責任はあまりないのがメリットです。

派遣社員のデメリット

派遣社員になることでメリットもあれば、知っておきたいデメリットもあります。それらを知ることで、これから働く方はより安定して働くことを目指しましょう。もちろん、派遣という雇用スタイルが増えているのは、働きやすさや給与の良さなどがあるので、デメリットはあまり多くありません。まずは、どのようなデメリットがあるのかだけでも知っておきましょう。

将来性の少なさ

派遣のデメリットとして良く言われているのが将来性の無さです。これはたしかに大きなデメリットになりますが、近年は大企業の正社員でもリストラの恐怖を抱え、中小企業では倒産のリスクを抱えています。どこで働いていても結果的には将来性は無いので、派遣でも変わりません。また、近年は紹介予定派遣などのシステムもあるので、実際には将来に繋げることもできます。

給与の不安定さ

派遣は登録型の場合は時間給で働くことになります。つまり体調不良で休むという事になれば、その分お金が入ってこないという事になるのです。この点は十分に注意しなくてはなりません。ただ、こちらは派遣会社に直接雇用されて派遣先に行く、常用型派遣を選択しておけば、安定して月給制で働くことができるので、そちらの選択も視野に入れましょう。

Return Top