選べる派遣
00004
2014年12月18日

会社から見たほしい人材 派遣から正社員への道森

会社からすると、優秀でコミュニケーションがうまい人材はやはり重宝されます。派遣で能力を見せつければ、会社から採用の話が来る可能性もあります。
編集部

派遣から正社員へ

会社から求められる人材とはどういった人材でしょうか。人当たりが良く、コミュニケーションが上手で仕事ができる。さらには緊急事態でも対処できて、どのような方にも対応できるというような能力が求めらています。近年は求められる人物のレベルもとても高くなっていて、派遣から正社員を目指している方も少なくありません。

正社員への道

派遣から正社員になるということは簡単なことではありません。もちろん派遣から正社員になる方もいますが、会社がなぜ派遣社員を利用しているのかを良く考えましょう。人件費というのは会社にとって一番大きなコストと言っても過言ではありません。近年はアルバイトや派遣が増えています。それは企業が人件費を削減したいからなのです。

正社員登用ありの裏側

アルバイトや派遣の求人を見ている方は「正社員への道あり」というような求人を見たことがある方もいますよね。これは実は労働者のモチベーションを上げるために使っているものなのです。実際に「正社員になれるかも」と思っていれば、モチベーションも自然と高くなります。労働者のそういった意欲を駆り立てながら働かせるのが企業のやり方です。

会社が求める人材

企業は常にスーパーマンを求めています。例えばどんな仕事でもこなせて、コミュニケーションもうまくて、対応も良い。そういった人材を求めて次世代の社員を見つけようと必死になっています。近年の新卒がなかなか就職できないのは、企業側は極めて高い水準で採用を行っているからなのです。普通に何も能力がない方が、就職しようと思ってもなかなかできない仕組みを作ってしまっているのです。

好かれる人材

実際に採用される側としては素質が重要になります。能力がなくても人柄だけで就職できる人もいます。それは一種の運でもあるのですが、それこそが「好かれる人材」です。派遣でその企業に努めるようになり、好かれればその企業からヘッドハンティングされるかもしれません。このように、派遣から正社員になるには運も関わってくるのです。ただ、欲しい人材としては、やはり優秀な人材となります。

能力と自己成長

企業が求めているのは常に成長してくれる人材です。日本人は25歳以降はあまり成長できない方が多いと言われています。社会人になって働いて、25歳であればある程度仕事もできるようになります。そこからだらだらと働いてしまう方もいるので、派遣として働いている方も積極的に成長できる自分を描いていくことが必要です。

Return Top