選べる派遣
00039
2014年12月18日

派遣の掛け持ちをするときに気をつけたいことを教えてください

派遣の掛け持ちをするときには、勤務する日や自己評価、成長などについて十分に考慮することが必要です。まずは良く考えてみましょう。
編集部

派遣の掛け持ち

派遣の仕事を掛け持ちしている方も近年は増えています。一つの派遣では生活が厳しいという方も多いですし、たくさん働ける方はお金も溜まるので、掛け持ちしているという方も多いです。しかし、実際に掛け持ちをする際には気を付けておきたい点というのがいくつかあります。その点を知っておけば、うまく調節してたくさん稼ぐこともできるので、まずは気を付けるべき点を知りましょう。

勤務する日に注意

派遣は勤務する日によってかなり左右されます。例えば、派遣とはいってもフルタイムで働く方も多いですし、逆に一日4時間程度の労働をしている方も多いです。そういった方たちは、うまく勤務する日を調節しなければ、掛け持ちをするのは難しいです。ダブルブッキングにならないように、シフト制の場合は気を付けて組み込んでもらいましょう。

疲労との闘い

疲労との闘いにも気を付けなくてはなりません。派遣を掛け持ちするというのは、想像している以上に大変です。アルバイトを掛け持ちする方はもちろん大変ですが、派遣の場合は求められる仕事の質も高いことが多いので、精神的に疲れてしまう方も多いです。もちろん肉体的にも疲れるので、その点は十分に注意しましょう。

うまく掛け持ちをする方法

実際に掛け持ちが難しいと思っていても、どうしても掛け持ちしたい人も多いはずです。そういった方は、うまく掛け持ちする方法を知っておくと便利です。上手に立ち回ることができれば、派遣はたくさん稼げますし、もしかすると派遣先で採用される可能性もあります。自分の価値を高めて、派遣という立場をうまく利用しましょう。

簡単な仕事を一つ選ぶ

掛け持ちをする際に重要なのは、いかに効率よく働くかという事です。例えば重労働を二つ掛け持ちしていると、一つ目が終わってから二つ目に行くというのは非常に疲労が溜まります。そうではなくて、一つはデスクワークの仕事で、一つは肉体労働にするなど、それぞれの仕事の特色を把握して対応すると良いです。

評価に繋がる仕事を選ぶ

例えば、仕事の中には自己評価に繋がらないものも多いです。コンビニのアルバイトなどは自己成長もあまりできない仕事です。派遣ではそういったコンビニの仕事は少ないですが、派遣でも成長できない仕事というのが多いです。掛け持ちをするときには、自己評価や成長に繋がるものを選ぶと、充実感もあって、仕事が楽しくなりますよ。

Return Top